独自ドメインって何?オリジナルドメインを使う10のメリット

ホームページのリニューアルの仕事を受けるとき、元のサイトが無料ホームページであることがしばしばあります。無料ホームページはプロバイダなど会社が、自社のサーバを無料で貸し出しているサービスです。 無料で使える分、やれることには限りがあったり、広告が掲載されたりします。
そして、何といってもドメインがオリジナルではありません。

ホームページを設置する場合は、HTMLファイルなどを置くサーバを用意する必要がありますが、ドメインは必ずしも独自ドメインである必要はありません。

しかし、iWac.jpでは、ホームページ制作の依頼を受ける際には、お客様に独自ドメインをご用意していただくようにお願いしています。 (弊社で取得代行をすることもできます)

ドメインは例えるなら「屋号」。ならば独自のものがいい!

ドメインはネット上の住所と例えられることがあります。
「ホームページって本当に必要なの? …ってWeb制作会社がそんなこと言っていいの?」の記事でも住所に例えているのですが、最近は「屋号」みたいなものだと説明しています。

ホームページはサーバ上にHTMLファイルなどを置くことによって公開されます。
無料ホームページはサービス提供会社が提供するサーバ上にファイルが置かれており、ドメイン名もその会社のドメイン名になります。
独自ドメインを取得せずにレンタルサーバを利用してホームページを開設した場合は、ドメイン名はレンタルサーバ会社のドメイン名になります。

20140503

つまり、よその会社の屋号の上に自分のサイト名が乗っているようなものです。現実社会の場合では、他社の屋号を利用した方がよいケースもあります。

例えばショッピングモールです。
「○○ショッピングモールの▲▲ショップ」であれば、ショッピングモールそのものに集客力があれば、お客様が呼べるからです。
ネットの世界では、アメブロなどの無料ブログがこれと近いでしょう。

しかしブログではなく、ホームページとなると話は別です。
ホームページを運営する際は他社の屋号を利用するよりも、独自ドメインを使った方がメリットが大きいのです。

NEXT page 独自ドメインのメリット

1 2 3

カテゴリーから記事を探す