キーワード選定や分析、 SEO対策に役立つ 無料ツール6選

「適切なキーワード選定で、小規模サイトでも検索エンジンに上位表示させる」の記事でキーワードの選定方法について書きました。
記事を読んだ何人かの方から「どんなツールを使ってキーワード選定しているの?」というご質問がありました。そこで今回は私が使っているツールを紹介しようと思います。だれでも気軽に使える無料ツールに絞って紹介しますので、ぜひお試しください。

1.サイト運営者必須サイト google Adwords キーワードプランナー

https://adwords.google.com/

クリックすると画像が拡大します。

クリックすると画像が拡大します。

リスティング広告を出稿するためのgoogle Adwordsのなかの運用ツールです。

調べたいキーワードを入力するだけで、月間の検索ボリュームや関連性の高いキーワード、競合性などが調べられます。

Adwordsに登録しないと使えませんが、登録自体は無料なので、広告を出稿しない方でも登録しておいて損はないでしょう(※キャンペーンを上手く使って登録すれば、数千円分無料でリスティング広告を出せることがあります)。

2.世界中で検索されているキーワードがすぐにわかる googleトレンド

http://www.google.co.jp/trends/

クリックすると画像が拡大します。

クリックで画像が拡大します。

どんな言葉がgoogleで検索されているのか? 検索キーワードの流行を知ることができます。検索窓に調べたいキーワードを入力すると、グラフと地図で人気の動向を表示します。

検索の絶対数は表示されませんが、最も検索された時期を100として、過去10年間の相対的な人気の動向が折れ線グラフで表示されます。また、どの国、どの都市で多く検索されているかもわかります。

登録の必要もなく、上記URLへアクセスするだけなので、世界の流行を掴むためにどんどん活用しましょう。

3.SEOのためのツールが満載 フェレットプラス

http://ferret-plus.com/

クリックすると画像が拡大します。

クリックすると画像が拡大します。

株式会社ベーシックが運営するSEO対策の専門サイトです。検索ボリュームや関連キーワード、キーワードランキングなどが調べられるほか、サイトのSEO対策チェックやSEO順位チェックなども調べられます。

会員登録が必要ですが、無料で多数の機能が利用できるので、会員登録をしておきましょう。

4. 検索順位での流入数を予測 新巻鮭.jp

http://aramakijake.jp/

クリックすると画像が拡大します。

クリックすると画像が拡大します。

SEO対策専門会社の株式会社ディーボが提供しているサービスです。この会社のサービスはどういうわけか水の生き物の名前がついています。

調べたいキーワードを入力すると、googleとYahoo!JAPANでの月間推定検索数と、順位ごとの推定アクセス数が表示されます。

5. 関連語・候補キーワードが調べられる 利尻昆布.jp

http://rishirikonbu.jp/

クリックすると画像が拡大します。

クリックすると画像が拡大します。

こちらも株式会社ディーボが提供しているサービスです。

googleやYahooの検索まどに、キーワードを入力するとそのキーワードに関連する言葉が自動的に表示されます。この検索補助機能を利用して、検索している方も多いのではないでしょうか?
利尻昆布.jpでは任意のキーワードの関連語を調べることができます。

6. 検索順位をチェックできるソフト iKKO

http://www.softaxle.com/

20140222_4

1~5の無料ツールはWebサービスですが、ikkoは無料ソフトウエアになります。

このソフトを使うとGoogle,Yahoo,Bing,Baiduの4つの検索エンジンでの順位を調べることができます。検索キーワードと対象となるサイトのURLを登録することで、自分のサイトが今、何位なのかが分かります。

登録できるURLは100、検索キーワードは500。無料ツールでは十分な機能です。検索順位は日毎に変動します。ikkoを使えばこまめなチェック(1日1回)ができるので、ぜひインストールしましょう。

複数のツールを駆使してキーワードのチェックやSEO対策をしよう

今回紹介した6つの無料ツールのなかには、一部機能が重複するものがあります。同じ機能であっても調査結果に違いが生じます。これは各ツールが独自のプログラムで動いているからです。どの調査結果も鵜呑みにはせず、参考程度に考えるよよいでしょう。

カテゴリーから記事を探す