ホームページって本当に必要なの? …ってWeb制作会社がそんなこと言っていいの?

※本稿において各用語を次のように定義します。本来の言葉の意味とは若干異なる場合があります。

  • ホームページ……企業や商店などが固有で所有するwebサイトのこと
  • Webコンテンツ……facebookやブログサービスなど多数の人がオリジナルコンテンツを所有できるコンテンツサービスを行うWebサイトのこと
  • (プロバイダなどのサービスで無料でホームページを設置できるサービスがありますが、ドメインがオリジナルでないため、Webコンテンツに含まれるとお考えください)

社会人って初対面の人と話をする時、たいがい「仕事」の話になりますよね。

相手――「どんなお仕事をなさっているんですか?」
私――「ホームページ作ったりしてます」

なーんて言ったりすると、自営でお仕事している方なんかは、こんなことを言ってきたりします。

「いやぁウチもねぇ、そろそろホームページつくらなくちゃって思っているんですけどね」
「うちもホームページ作ったんですけどねぇ~、自分で作ったのでなんかイマイチなんですよね~」

こうなりますと、袖振り合うも多生の縁といいますから、ご相談に乗ることはままあります(もちろん無料で)。
残念ながら、私の営業力なさもあいまって、こういう方とはあまりお仕事に発展しません。

“ホームページを作りたいと思っているけど、まだ作っていない”
“自分でホームページを作ったはいいけど、なんかイマイチ”

こういう方々はたいてい次のように思っています。

「今の時代ホームページはあるのが当然、だから作らなきゃ」

この考え、前半部分は当たりですが、後半部分は不正解です。

1 2 3

カテゴリーから記事を探す