facebookページから「お問い合わせ」なと任意のURLへ誘導させるボタンが簡単に設置できるようになりました

 2015年2月19日

情報の拡散にはとっても便利なfacebookページ、ホームページ本体の宣伝や、サービス、商品の販売などにつなげるためにfacebookページを作成している方も多いと思います。
でも、「facebookページには訪問してくれるのだけれど、肝心のホームページまでは訪れてくれない」という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

そんな悩みを持っている方に朗報です。facebookから、任意のURLに誘導できるボタンが簡単に設置できるようになりました。
この機能は、コールトゥアクションボタンと言い、アメリカでは昨年末からロールアウトされていたようです。

設置される場所は、ページのカバー画像の「いいね!」ボタンが設置されている隣になります。

3分で設定できる簡単さ。ぜんぜん関係ないアクションにも飛ばせちゃう

20150219cont

設置方法はとっても簡単。
ボタンが配置される場所に「コールトゥアクションを作成」というボタンがあるのでこれをクリックします。

あとはボタンの名前を選んで、遷移先のURLを入力するだけ。
ボタンの名前は以下の7種類から選べます。

  • 予約する
  • お問い合わせ
  • アプリを利用
  • ゲームをプレイ
  • 購入する
  • 登録する
  • 動画を見る

「お問い合わせ」のボタンを選んで、ウェブサイトの欄にお問い合わせフォームのURLを入力すれば、ボタンを押すとお問い合わせフォームに直接飛んでくれるわけです。

2/19現在では、ボタンの名称とURL先の関係性にとくに縛りはないようです。
「ゲームをプレイ」の遷移先にお問い合わせフォームを設定することもできるし、「動画を見る」を押して、物品の購入先に飛ばしちゃうこともできます。
まぁそんなことをしても、信頼を失うだけですから、やる人はあまりいないと思いますけど。

コーポレートサイトですと、求人募集なんかにも使えたりしそうです。トップイメージとうまく組み合わせれば商品やサービスのキャンペーンとしても結構有効に活用できるのではないかと思います。
あるいは、製品ごと、サービスごとにfacebookページを立ち上げて、そこから個々にお問い合わせや販売につなげるという、ランディングページ的な活用方法も可能かもしれません。
活用方法を考えるだけでもちょっとおもしろいですね。

カテゴリーから記事を探す