無料なのに多機能なペイントソフト『Pict Bear』を使ってみました

Webコンテンツに欠かせない画像作成。
写真画像だけでなく、テキストを画像にしたり、ナビボタンやリストマークなどサイト制作には画像がたくさん使われています…。私自身普段はphotoshopとIllustratorを使っていますが、業務中に『こんなソフトがあるよ!』と、このソフトを教えて貰いました。
実際に機能などを見てみるとなかなかいい感じです。

自分で画像を作ってみたいけど、photoshopやIllustratorはハードルが機能がたくさんありすぎてハードル高そうだなーと思っている方におすすめです!
ブラシやエフェクト、レイヤー効果など無料とは思えぬ機能が盛りだくさんの『PictBear』をご紹介します!

『PictBear』の概要

img02
  • 対応os /Windows 98 / Me / 2000 / XP/ Vista / 7(Windowsのみ)
  • バージョン:2.04
  • 残念ながら、PictBear はソフトウェアの開発を終了しているため、サポート対象外となるとの事です。
  • ダウンロードはこちらから

『PictBear』の特徴・機能

img03
①レイヤー機能
レイヤーエフェクトあり
②コマンドツールバー
各コマンドがアイコン表示されていてスムーズに選択できます。パネルもカスタマイズ可
③ブラシ機能
デフォルトに追加が可能
④アンドゥ(やり直し)機能
作業の工程を遡ってやり直せる
⑤アルファチャンネルに対応
透過画像や半透過画像の重ね合わせ可
⑥自動グリッド機能
拡大・縮小が可能
⑦フィルター加工機能
さまざまなエフェクトを加え本格的な加工が可能。フィルターの追加も可
⑧対応フォーマット
以下の画像フォーマットに対応。
pbx / tiff / pcx / ras / tga / wmf / gif / j2k / jpg / jsf / bmp / png / psd
※拡張子pbxはPictBear Standard ファイルです。

さっそくダウンロードして使ってみました。
ダウンロードすると、セットアップパネルが表示されるので、入力していきます。

img04

①好きな画像を取り込みます。今回はトリミング→背景配置。

②レイヤーを追加して背景やその他の画像、テキストなどを追加していきます。

img05

③完成したものを書き出し保存します。このpngやjpgなどpbx以外の拡張子で保存する時は、レイヤーを統合する必要があります。

img01

④完成です。

  • フォントはご自身のPCに入っているものが反映されていて、使用することができます。
  • ブラシについてはデフォルトで少ししかありませんが、簡単に追加していくことができます。
  • レイヤーについては、星マークで表示/非表示の切り替えができます。
  • エフェクトは通常、乗算、スクリーン、オーバーレイなど17パターンあります。
  • フィルター機能は、ぼかし、シャープ、エッジ検索、カラー、特殊効果など、7パターンあります。
  • 画像の書き出し保存については、レイヤーを統合する必要があります。
  • PSDファイルは開けますが、AIファイルは開けません。(パスツール機能がない為)

感想これだけのツールや機能で無料なのはすごいです。
簡単な画像作成はもちろん、ちょっと凝ったものも十分作ることが可能です。photoshopやIllustratorは買わないけれど、画像は作りこみたいと思う方は、ぜひお試しください。

カテゴリーから記事を探す