エックスサーバーにSSHで接続。WinSCPを設定してみました。

ホームページの開設するには、ホームページのデータを置く場所を確保する必要があります。一般的にホームページのデータを保管するコンピュータを「Webサーバー」と呼びます。
Webサーバーは「自分たちで構築する」方法と「サーバー会社のものをレンタルする」方法があります。前者は、サーバーの機能やスペックなどを自由にカスタマイズできる反面、メンテナンス等に手間をかける必要があります。後者は、自由が利かない部分もありますが、保守管理などは専門家である業者が行うため、安定的に運用することができます。

iWac.jpは後者のレンタルサーバーを利用しています。レンタルサーバーにはいくつかの種類と数多くの業者があり、お客様のホームページの規模や予算、目的に応じたサーバーを用意して、ホームページを制作しています。

そのレンタルサーバー会社のひとつに「エックスサーバー」があります。レンタルサーバーの業界では結構メジャーな会社です。今回のそのサーバーの接続に関するちょっとニッチな記事になります。

『iWac.jpのなかのひとたち』では、Webサイトの専門的な知識のない初心者の方にも読みやすい記事を提供しています。今回の記事は、ちょっとイレギューラーで、中~上級者向けの記事となります。弊社制作スタッフの忘備録も兼ねて書かせていただきました。

NEXT page メジャーかつ安全性の高いFTPクライアント「WinSCP」

1 2 3

カテゴリーから記事を探す