配色に迷ったら…。カラー選定に役立つWebツール10選!

前回の記事「メインカラー選定に役立つ、12の色がユーザーに与える印象」では色が与える印象を紹介しました。

会社やお店、ブランドなどのイメージカラーがある場合は別ですが、とくに使う色が決まっていない場合、ホームページで商品やサービスにどのような印象を与えたいかで、メインカラーを決めるとよいでしょう。

メインカラーが決まったら、その色に合わせた配色が必要です。
メインカラーが必ずしもベースカラー(一番多く使う色)となるわけではありません。強い色を広い面積で使うと、本当に見せたい商品やサービスよりも強い印象を与えかねないからです。

ベースカラー
一番使う割合が高い色。余白や背景などに用いることが多いため、明度の高い色や淡い色を使う場合が多い。強い色をベースカラーにする場合は、文字の色に白系の色を用いて、可読性を高める。割合の目安70~75%程度。
メインカラー
ホームページや会社、商品などを印象付けるためのキーとなる色。メインカラーがベースカラーとなる場合はアクセントカラーをでバランスを取る。割合の目安 20~30%程度。
アクセントカラー
全体を引き締めたり、デザインにアクセントをつけるために使う色。メインカラーの補色を使うことが多い。割合の目安5%程度

しかし、実際にサイトをデザインする場合において、メインカラーが赤、青、黄色といったはっきりした色とは限りません。中間色をメインカラーに使うことも多く、その場合は、配色の微妙なバランスがむずかしいのです。

そこで、配色を考えるときによく使っているサイトやツールを紹介したいと思います。

NEXT page カラー選定で役立つWebサービス&ツール

1 2

カテゴリーから記事を探す