IEだけがブラウザじゃない! 使いやすいブラウザを選ぼう!

 2014年4月11日
 IT

米・英政府がIEの使用停止を呼びかけ!(4月29日追記)

4月28日アメリカ政府およびイギリス政府は、ハッカー攻撃にさらされる危険があるとして、米マイクロソフト社のインターネットブラウザ「インターネット・エクスプローラー(IE)」を使わないよう警告し、代替ソフトの使用を呼び掛けました。

米当局によると、バージョンが「6」から「11」までのインターネット・エクスプローラーが攻撃を受けた場合、大きな危険につながる恐れがあるということです。

Internet Explorerをお使いの方は、別の閲覧用ソフトをインストールし使用してください。

マイクロソフトはIEの脆弱性を認め、急ぎ対応していますが、Windows XPのサポートに伴いInternet Explorer6のサポートも終了となっていますのでIE6については対応しない模様です。

5月1日にマイクロソフト社はIEのセキュリティプログラム提供を開始しました。

Internet Explorer(以下IE)は2014年4月現在、IE11が最新バージョンですが、インターネットを見られるブラウザはIEだけではありません。 今回はIEとそれ以外の主要なブラウザを紹介したいと思います。

IE8より古い「レガシーブラウザ」はホームページ閲覧にも支障をきたす

ホームページはユーザーのデバイスの環境によって見え方が違ってきます。PCとスマートフォン、タブレットといったハードウェアに内蔵しているフォントや画面の大きさ、使用しているWebブラウザによって違いがあります。Webサイトを制作・運営する際には、このブラウザによる表示の違いを考慮しなければなりません。

img20140327_1

たいていは、文字の大きさや間隔の違いなど小さな差異なので、それほど気にすることもないのですが、やっかいなのがHTML5やCSS3に対応していないレガシーブラウザです。

IE8より古いブラウザがこのレガシーブラウザに該当します。IE8以前のインターネットエクスプローラは、世界的に圧倒的なシェアを誇っていたにも関わらず、バグの多いいわば不良品でした。IEのバージョンごとに表示の方法が異なることもあって、われわれWeb制作者を泣かせる原因のひとつになっています。

最近では、IE7以前のシェアが大きく減少していることもあり、サポートを終了しているWebサイトや制作会社も増えてきています。
(※iWac.jpはWeb制作においては原則としてプログレッシブエンハンスメントの考え方を採用しています→言葉の意味はこちら。

img20140327_2

自社のサイトをどのブラウザまで対応させるかは、閲覧者のブラウザの割合を調査(googleアナリティクスなどで調べられます)して決めましょう。
ちなみにiWac.jpの1月~3月のブラウザのシェアは、右の通りです。

NEXT page IEでないブラウザをインストールしよう!

1 2

カテゴリーから記事を探す