サポート終了後のWindowsXPを使うリスク!損害賠償の可能性も!?

 2014年3月24日
 IT

Windows XPサポート終了によるウィルス感染は予見できるリスク! 過失による情報漏洩で個人や企業に損害賠償命令も!?

2014年4月9日にWindowsXP、Office2003、InternetExplorer6のサポートが終了します。サポート終了後は、WindowsXPのセキュリティパッチは更新されず、セキュリティホールが空いたままの状態となります。WindowsXPのユーザーは速やかに、メーカーによるサポートのあるOSに切り替える必要があります。

「個人で使っているから関係ない」
「ウィルス対策ソフトを入れているから大丈夫」

なんて思っていたら大間違いです。
自宅のPCがウィルス等のマルウェアに感染して、そこから意図せずに社内の機密情報や個人情報を漏えいさせてしまったり、友人にウィルスをまき散らしてしまう危険性が格段に高くなります。
また、インターネット利用者の増加に伴いサイバー犯罪も急激に増加し、その手口も複雑化・巧妙化しています。警察庁のサイバー犯罪対策課も注意喚起を促し、OSの乗り換えを強く勧めています。

企業のPCなどが不正アクセスされて、顧客の個人情報が流出したり、社内データが改ざんされたりした場合、その被害額は甚大なものとなり、企業の社会的信用も失墜します。
マウントゴックス社のビットコイン消失は記憶に新しいところです。金融商品を扱う会社はサイバー攻撃に対して細心の注意を払っているはずです。にもかかわらず、もしこれが一部報道されていりうように不正アクセスによるものであれば、サポート切れのXPで金融取引を行う危険性はその数百倍、数千倍にもなると言えるでしょう。

NEXT page 個人情報漏えいの相場は1件1万円?

1 2 3

カテゴリーから記事を探す