WindowsXPサポート終了 XPを延命・継続させるおススメしない方法

 2014年3月19日
 IT

Windows XPサポート終了はまだ早い?

2014年4月9日、マイクロソフトは最後のセキュリティパッチを更新し、Windows XPのサポートは正式に終了します。

img0319_2

2014年3月現在でもWindowsXPのシェアはまだ10パーセント近くあります。これはMacOSユーザーとほぼ同数です。そんなXPのサポートを終了するのは時期尚早ではないかという声も聞こえてきますが、はたしてそうでしょうか?

Windows XPは2001年にリリースされたOSです。コンピュータの世界で10年以上も昔というのは、人間でいえば100年前といっても過言ではありません。現行のWindows8から遡ると3代前、ひいおじいいちゃんに当たるのです。

当時の一般的なPCのひとつ日立Priusの製品紹介ページがまだ残っていたのでスペックを見てみましょう。

  • CPU インテル pentiumIIIプロセッサ 1GHz
  • メモリ 128MB SDRAM
  • HDD  60GB
  • 通信  56kbpsモデム

メモリやHDDの容量など今と比べると1/10以下です。何より特筆すべきは通信装備です。56kbpsモデム……。

通信装備からみて、Windows XPは現在のような高速回線での常時接続によるインターネット通信を前提した設計思想でつくられていないということがわかります。

マイクロソフトは、Windows XPのサポートを延長し、毎月のようにセキュリティパッチを更新し続けてきました。セキュリティパッチとはいわばつぎはぎです。脆弱性の見つかった穴をとりあえずつぎはぎを被せて凌いできました。しかしそれももはや限界なのです。

Windows XPのサポート終了は遅すぎた終焉と言えるでしょう。

WindowsXPを使い続けるリスク!
「サポート終了後のWindowsXPを使うリスク!損害賠償の可能性も!?」

NEXT page サポート終了後はセキュリティホールが増大、それでもXPを使う方法とは?

1 2

カテゴリーから記事を探す