適切なキーワード選定で、小規模サイトでも検索エンジンに上位表示させる。

「検索エンジンに上位表示させたい!お金をかけないでできるSEO対策とは?」では、3つのSEO対策が重要であることを書きました。
今回はそのなかのキーワードの選定について考えてみましょう。

まず、ホームページにどんなユーザーに訪れてもらいたいかを考えましょう。

たとえば、お蕎麦屋さんであれば、「そばを食べたい」と思っているユーザーに訪問してもらうことが前提です。
当然、「そば」という言葉がキーワードになります。
しかし、googleやYahoo!で「そば」と入力してかんたんに上位表示されるでしょうか?

すごく多そうですよね。小規模サイトで競合に勝っていくのは、とても大変です。(※)
このようなキーワードを「ビッグワード」といいます。小規模サイトでは、「ビッグワード」を中心に据えてSEO対策を考えるのはあまり現実的ではありません。

では、ここでユーザー目線になって考えてみましょう。
あなたが今すぐ「そばを食べたい」と思ったら、どのように検索しますか?

おそらく「今いる場所」+「そばや」といったキーワードで検索するのではないでしょうか?

ではもう少し、絞って考えましょう。
あなたが今すぐ食べたいそばは、「どんな」そばでしょうか?

もちろん「美味しい」そばだと思います。
しかし、「美味しい」は主観的な判断です。
いったいどう「美味しい」のかがわかりません。
ゆえに「美味しい」+「そば」で検索するユーザーは大抵『食べログ』などの口コミサイトへ流れてしまいます。いろいろな「美味しい」を比べたくなるからです。

もう一度「どんな」を考えてみましょう。

  • 手打ちそば
  • 二八そば
  • 十割そば
  • 藪そば
  • 田舎そば
  • シコシコのそば
  • つるつるのそば
  • コシのあるそば
  • 評判のそば
  • 有名なそば
  • 老舗のそば
  • 高級なそば
  • 安いそば etc.

だんだん、どんなキーワードにすべきか見えてきたのではないでしょうか?
そうです。そのお店の売り、特徴です。

たとえば、老舗の手打ちそばやであれば、
「場所」+「そば」+「手打ち」
「場所」+「そば」+「老舗」
などといったキーワードをホームページのメインキーワードにするのです。

1 2

カテゴリーから記事を探す